今や少ない施術方法…14年前のニードル脱毛体験記

ニードルってご存知ですか?
今やっているサロンは少くなっているそうですが、14年前の脱毛といえばニードル
このニードルを使った脱毛体験のお話をします。

私がやったのは脇の脱毛です
とあるエステでやりました。その当時は脱毛はニードル出の永久脱毛か、ワックス脱毛。
腕と脚はワックスをやりました
ワックスは名前の通りワックスを塗ってテープで剥がし脱毛。抜いて次の毛がでで来るまで毛穴にヘアースリープローションを塗り込みます。
これを2週間に1回行い段々毛が細く目立たなくなってくる仕組み…トータル1年ほど通いました!

初めは太くて長い毛だったのですが1年後にはうぶ毛位細く目立たなくなり、痛いけどやっただけはあったと後悔していません。14年たった今も全く気にならないですね。
もう一つのニードルは針を毛穴一つ一つに刺して毛を抜いていく施術。
脇の毛は太く、また脇の皮膚は薄く、針が毛穴に入るたび、ビリビリっと電気の刺激がきます。電気を逃がすものを手には持ちますが、これちゃんと効果発揮してるのかな?と疑うほど毎回一針一針ビリビリでした。
あまりに痛くて全部の回数消化できませんでした。
終ると冷してジェル塗って、ヘアースリープローションを次の来店まで塗り込む。
確かに確実に毛が無くなって行くのでうれしいのですが、行くのが怖くなる感じでした。

これもワックスと同じペースでやって。1年後にはかなりキレイになっていましたが、後少しで終ると言う所でいかなくなってしまいました。

効果をかなり実感していたのでやったことは後悔していません。
しかし、やはり通ってるのがエステなので終ると次々とコースを売り付けてきます。今まで脱毛のコースとホームケア用品でもかなり高い出費をしていましたが更なるごり押し営業トークが苦痛だったのが正直な感想です。
脱毛自体に不満はなかったです。今でもキレイなままですし、全部行かなかった為脇は数本生えて来ますが数本なので全く気にならないですね。

一緒に読まれているコンテンツはコチラ